So-net無料ブログ作成
検索選択
ぶぶらばー王子 ブログトップ

ぶぶらばー王子 目次 [ぶぶらばー王子]



ぶぶらばー王子の目次も作っておきます。
よろしくです。





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぶぶらばー王子 ③ [ぶぶらばー王子]

「もう、お話までいいかげん…」
 美久は、ページをめくる。
 一平の頭に、大きい王冠が目の上までかぶさって、剣を持ち上げることもできず、おくさまがたに、そりで運ばれていた。
 よく見ると、剣はきらきらと光っていて、一平の顔が近づいている。
「なめちゃ、だめよ!」
 美久は声を荒げた。
 絵本の中とはいえ、剣は剣。そんなものなめたら、べろが切れてしまう。
「はーい! 一平! おねえちゃんの言うことを、ちゃんと聞くんですよ」
 ママは、あいかわらず、コロッケを揚げる手を休めもせず、楽しそうに声をあげた。美久はじっとママのお尻をにらんだが、ママにかまっているひまはなかった。
 ウサギのおくさまがたは、フォkックス大臣の悪事をうったていた。
「わたしどもの、おとなりのネズミ一家を、つれて行ってしまったんです」
「ぶぶらばー!」
 わかっているんだかいないんだか、一平のかけ声は、一人前だった。
 いよいよ、一平はフォックス大臣の向かいに! ちょっこり座っていた。
 フォックス大臣は、剣を振りまわしているが、一平はきょとんとして、それを指差しているだけ。
 いったい、これで役に立つのだろうか。


フォックス大臣.png


 わるものどもは、ぞろぞろと出てきて、一平の前にせいぞろい。そのうしろに、なわにしばられたマウス一家のねずみたちが、これまたぞろぞろとならんでいる。
「ぶぶぶぶー」
 一平は、そんなものより、きらきら光る剣のほうが気にいっているらしい。剣は、一平の乗ってきたそりの中に、まだおいてあった。
 一平ははいはいして、そりに近づくと、つかまり立ちした。
「だめ! 一平! あぶない! そんなものなめられないよ!」
 そのそりのまわりを、ぐるりとフォックス大臣とその手下に囲まれてしまった。
「ぶぶぶぶぶー」
「なにを! そうはいくか!」
 なにも言ってないのに、フォックス大臣一味は、びくびくしている。
 一平は、力をふりしぼって、そりにはいのぼり、そして、そりの中に頭から落ちた!
「あぶなーい!」
 あまりの大きな声に、ママがふりかえった!
「なに? ちょっとまって!」
 次のページをめくると、一平はとうとう、大きな声でなき出していた。
「びぃえーん えんえん! びぃえーんえんえん!」
 言葉で書くと、ずいぶんおとなしい。ほんとだったら、耳をふさぐほどすごいのに。
 でもさすが絵本! なみだは滝のように流れて、四方八方に飛びちっていた。それに、一平のなきごえは、絵本の中の悪人どもには、ききめがあったらしい。みんな、耳をふさいで立ちすくみ、マウス一家は、ぽかーんと口をあけて、びっくりしていた。
 うさぎのおくさまがたは…、のんきに手をたたいてよろこんでいる。

一平(C).png

「だまれ! だまるんだ!」
 フォックス大臣がこわい顔で言ったので、一平はもう、はなみずもべちょべちょで、もっともっと泣きわめいた。
 一平のうしろから、ウサギのおくさまがたが、フォックス大臣に向かっていっせいに石を投げはじめた。
「あらら、おくさまも、けっこう役に立つときがあるのね」
 どうやってなわをほどいたのやら、マウス一家も加わって、石を投げはじめた。
 さいごのページでは、みんなが集まって、一平をたたえ、うたう。
「ぶぶらばー王子! ありがとう! ぶぶらばー王子、ばんざーい!」
 一平もにこにこ笑って…、でも、やっぱり剣の光につられて、そっちに行こうとしている。
「だめだってば!」
 美久は、絵本を持って立ち上がった。
「どらどら」
 ママも、やっとコロッケができあがったとみえ、エプロンで手をふきふき近づいてきた。
「もう、一平ったら、剣をなめそうで、こわくって」
「剣?」
 ママがのんきに首をかしげる。
「あー! でも、それより、ここから出られなくなったらどうしよう!」
 お話が終わって、美久はきゅうに不安になった。そして、絵本をぎゅっとだきしめた。
「どこ?」
 と、目をまんまるにしている…、そのママの足もとで、一平がママのスカートを引っぱっていた。
「はいはい」
 ママは、一平をだきあげて、
「いい子だったね」
 と、ほおずりした。
 美久は、あわてて絵本をもう一度、開いてみた。
『しずかな雪の朝です』いつもの言葉と、いつものおくさまがた。そして、ちゃんとラビット王子がかつやくする、いつもの絵本。
 美久はうんざりした。
 いつも、いつも危険はいっぱい。なのに、ママがのんきにしているあいだに、すっかり解決してしまう。
 美久はいつだって、心からしんぱいして、はらはらして、あるときには、だいかつやくするというのに。
 ぷーんと、コロッケのいいにおい。
(ま、しょうがない。次の危険にそなえて、まずおなかをいっぱいにしなくっちゃ)
 美久は、やれやれと思いながら、平和そうに笑いあっている、ママと一平を見くらべた。

<おしまい>

ママと一平(C).png
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぶぶらばー王子 ② [ぶぶらばー王子]


 ママが夕ごはんのしたくでキッチンにいて、美久と一平はいつものように、ソファの横で二人で遊びながら、待っている時だった。
 一平はお気に入りの「うさぎのくに」という絵本をかじっていた。もちろん一平はそのお話もすきなのだけど、なんといっても、その絵本の角が一番好きだから、そこばかりかじっていた。あまりかじるものだから、絵本の角からは灰色のボール紙が見えてきている。おまけに、よだれでべとべとだ。
「ほら、読んであげるから」
 と、美久が言っているのに
「ぶぶぶぶー」と一平はくちびるをふるわせて、絵本を両手で持って、上にもちあげたりしていて、美久にわたそうとはしない。

うさぎのくに(C).png

 美久は、じれったくなって、もう自分は違う絵本を読むことにした。
 キッチンはソファのすぐ向こうで、ママのおしりがゆれている。
 いつものように、ママははな歌をふんふん歌っていた。
 美久は、おしっこがしたくなって、ママに声をかけた。
「ね、ママ、一平を見ててね。あたし、おトイレに行くからね」
 まったく、美久はいつでもてきぱきしている。そんな自分に満足していた。
「はいはーい」
 ママは、うかれた調子で、こっちをふりかえると、
「一平、おねえちゃんが来るまで、いい子で遊んでるのよ」
 口で言うけど、ちっとも見に来ない。
 美久は、腰に手をあてて、
(まったく、ママったら…)
 と、しぶい顔をした。
 そして、用をすませて、ソファの所にもどって来ると…、なんと、一平のすがたが消えていた。
「ね、ママ? 一平は?」
 ママは、手をやすめることもなく
「遊んでるよ」
 と、平気な顔をしている。
 美久は、ソファの下、横、かごの中をさがしてみたけど、ちっとも一平は見つからない。 一平が座っていたところには「うさぎのくに」がぽつんと置いてあるきり。
 美久は、その絵本をとり上げると、ねんのために、その下を見てみた。
 そして、ぱらりとめくれたそのページに、見覚えのある、水色と白のしましまのシャツを着た、一平が見えた。
「いた! 一平がいた!」
「ほらね」
「絵本の中に入っちゃった!」
 美久が言うのに、ママは、
「そりゃたいへんだ!」
 と、うかれていて、ちっとも本気にしていない。
 美久は絵本を持って、ママのところに行くと、スカートを引っぱって
「ねえ、見てみて」
 と、うったえた。
「美久! あぶないよ! 今コロッケ作ってるから、油のそばによったらだめよ。はねるから! あっちで一平と遊んでてね。おねがい」
 美久は半分なき顔になりながら、ママにうったえるのをあきらめて、ソファの横にもどると、本を振ってみた。
 でも、一平は本の中に入ったきり、落ちてこない。
「ああ、一平!」
 美久はソファに座ると、絵本を開いてみた。 最初のページ…、一平はうさぎのくにの雪の中に、ちょこんと座っていた。
 絵本はいつものように
『しずかなゆきの朝です』という言葉ではじまっている。
 今日はあたたかかったから、一平は半そでいちまいだ。 
「ああ、寒くないかしら」
 こんなことになるとわかっているんだったら、せめて長そでのシャツでも着せておけばよかったものを…。
 美久は心配になり、次のページをめくってみた。またまた、いつものように、ウサギのくにのおくさまがたが、三人、おつかいかごを下げて、出てきた。
 一平は、同じようにちょこんとすわって、ぽかんとしている。
 そして、お話は少し変わっていた。おくさまがたが、一平に気がついたのだ。
「あら、赤ちゃんよ。こんなところに」
「にんげんの赤ちゃんって、うわさに聞いていたけれど、ずいぶんと大きいのね」
「どこからきたのかしら」
 一平の方は、ウサギのおくさまがたのことなんか、ちっとも気にしていないようすだった。 
 美久は、先が気になって、つぎつぎにページをめくって、お話をたどっていった。
 一平は空を指さしていた。そして、おくさまがたは、みんなで、その指の先を見上げている。
「ああ、あそこ、あの空の穴から落ちてきたのね」
「雪といっしょに!」
 そして、三人のうさぎは気がついた。
「雪の王子かもしれない!」


一平雪 (C).png


 さて、もともとのお話はどうだったか、美久は思い出してみたけれど、頭の中はまっしろで、よく思い出せなかった。
「ぶぶぶぶー」
 一平のいつもの言葉が、お話になって書かれていた。
 そうそう、いつも一平は、あらぬ所を指さして、ついつい美久もその指先を見てしまうのだ。
「ぶわぶわぶわ」
 一平が言うと、おくさまがたは、声をそろえて
「ぶぶらばー王子!」
 とさけんだ。
 そして、美久はハタと気がついた。そうだ、いつもだったら、「ラビット王子」が出てくるところだ。このおくさまがたときたら、一平のことを知りもしないで、なんていいかげんなんだろう。
「おとなって…、とくにおくさまがたって、絵本の中でも同じなのね」
 出番を失ったラビット王子は、馬に乗って、通りかかっただけだった。一平が絵本の主人公になってしまったのだ。
 だけどこの先どうするのだろう。いつもだったら、ラビット王子が悪いフォックス大臣の
所にのりこんで、たいじするんだけど…。ラビット王子は剣を持っているからいいけれど…。一平ときたら、水色のしまのシャツ一枚きり。
 美久は、心配になり、もう一度ママにうったえてみた。
「ママ! ママ! たいへん! 一平がぶぶらばー王子だって! フォックス大臣にやられちゃうよ!」
「あら、一平が王子さまなんてステキじゃない、美久」
 やっぱりだめか…。ママは、コロッケの方から目をはなそうともせず、振り返りもしなかった。
 これは、もう、美久一人で一平のゆく末を見届けるしかない。美久はかくごを決めた。
 ラビット王子は、通りすがりに、王冠と剣を落として行き、おくさまがたは、それを一平に持ってきた。





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぶぶらばー王子 ① [ぶぶらばー王子]

タイトル (C).png

 五月。
 美久のたんじょう日が近づいてくると、もっと緑がきれいになる。
 うすい緑から、深い緑まで、緑のたくさんの色がすっかりそろうし、風にあたるのが好きになる。
 そんな休みの日に、弟の一平と公園に行くのは楽しい。
「ねえ、あたし、もう、一平を公園にひとりでつれて行けるよ」
 だって、美久は今年小学生になったのだから、それくらいできると思う。
 でも、ママは、
「だめだめ、まだまだ、むりむり」
 と、エプロンで手をふきながら、キッチンから出てきて、
「今、ここ、きれいにしたら、すぐにいっしょに行こう!」
 と言う。この「すぐに」がくせものだ。
(あーあ、おとなって、なんていいかげんなんだろ)
 と、美久はうんざりする。美久にとっては長い長い待ち時間。
 石のかたまりみたいに重たい一平を、やっとベビーカーに乗せたというのに…。
 一平だって、もうあきあきしていて、
「ぶぶぶぶー、ぶぶー」
 と、不満の声を上げている。
「はいはい、行こうね」
 やっと、ママのしたくが終わって、美久はぶすっとしながら、いっしょに歩き出した。
 美久がおこっているの、わかっていないみたい。
 ママは、ふんふんはな歌なんか歌っている。
 ママは、美久のこと、こども、こどもと言うけれど、ママより、美久のほうがよっぽどしっかりしている…、と美久はいつも思っていた。

一平ベビーカー(C).png


 土曜の昼前、公園にはいくつか、ベビーカーがならんでいた。ママは、一平をどかんと、原っぱに座らせて、じぶんは、ママ仲間とおしゃべりをはじめた。
 一平はおすわりすることができるようになったばかりで、しばふとクローバーがいい感じに緑になっている草の上におろしてもらって、ごきげんになる。
 手にはこの間砂場で使ってから洗ってもいない、赤いシャベル持っている。
「ねえねえ、砂ってとってもきたないんですって。そうそう、病気がいっぱいですってよー」
 ほかのグループのママがたが、話しているのが耳に入ってきて、美久はドキドキした。そっちのグループは、赤ちゃんをだっこして、いっしょにブランコにゆれている。
 ああ! 一平は、今、まさに砂のついたシャベルを口に持っていって、なめるところ!
「だめ! 一平! きたいない!」
 美久は、一平からシャベルを取り上げた。
一平は火がついたように、泣き出した。
「あららら」
 と、ママが、一平をだっこした。
「やーね、美久。一平はまだ小さいんだから、そんなふうに言ってもわからないよ」
 まるで美久が悪いことしたみたいな言いかた。美久はまたぷーっとふくれた。

美久 (C).png 


 ママはいつだって、ほかのママとのおしゃべりに夢中で、一平のことなんか見ていないくせに。
 今だって、一平をだっこしたまま、またおしゃべりがはじまった。
「あらー! うっそー!」
 そして、ははははと、のんきに笑っている。 
公園のさくにつながれた、どこかの家の犬が一平を見て、舌なめずりしているっていうのに。
 この犬は、いつも一平のことを、見て、口をハフハフすると、くさりをいっぱいに引っ張って立ちあがり、キューンと悲しそうな声を出す。
 犬は一平のことを、おいしい肉のかたまりだと思っているにちがいなかった。まるまると、やわらかそうな一平…。まるでできたてのハムみたい。今だって、犬はよだれをたらして、ハアハア息をしながら、一平のことをうらめしそうに見ている。
「ああ、腹がへった。そのうまそうな肉、食わしてくれ!」

ワンコ (C).png

 美久は犬の言葉が聞こえるようだった。
 公園の帰り道、ママは、ふんふんと、また歌なんか歌って、その犬の横を通りぬけた。
 犬はくさりを引っ張って、立ち上がって、一平のうしろについて来たいようだった。
「ねえ、ママ。あの犬、いつも一平のことじっと見て、食べたいなーって思ってるのよ」
 ママは、けらけら笑って、
「美久はおもしろいことを言うね。でもだいじょうぶ。くさりにつながっているでしょ」
「じゃあ、くさりが切れたら?」
「だいじょうぶ。一平なんか、大きすぎて食べられやしないわ。それに犬はただ遊びたいだけなの」
(この世の中、危険がいっぱいなのに、なんてのんきなんだろう)
 美久は、くやしくて、ママの横顔をじいっとながめた。いつもいつも、一平はあぶない目にあっているのに…、ふしぎなことに、その危険はいつも美久と一平が二人きりのときにおこって、あとでママに話してもとりあってもらえない。
「美久は話がじょうずね」
 なんて、まるで美久が作り話をしているか、うそをついているような口ぶりなのだ。
 いつか、たいへんなことになる。と、美久は思っていた。
 そして、そのたいへんなことは、その日の夕方におこった。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぶぶらばー王子 予告 [ぶぶらばー王子]

ブログを放置しておくと、広告が付きます。
このブログを全部消そうかと思ったけど、せっかくあるから、やっぱり残しておこうかと思いました。

それなので、今まで書いたお話に絵を付けてみることにしました。
最初のお話は、ぶぶらばー王子です。

タイトルはこれです。
少しずつ絵を描いてみます。
よろしくおねがいします。

タイトル (C).png
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
ぶぶらばー王子 ブログトップ